ロゴ

ISO27001取得企業を目指す~オフィスセキュリティを高める~

話題沸騰のISO27001に注目

ありとあらゆるビジネスにおいて、オフィスセキュリティの必要性が大きく問われる時代を迎えました。顧客や得意先はもとより、従業員の個人情報などの適性な管理が求められています。少しでも気を緩めることで大きなリスクになってしまいます。

ISO取得における対策のポイント

まずは意識付けをさせます

ISO27001の取得をするためには、社内に推進委員などを複数名配置することから始めます。推進リーダーが先頭に立ち、全ての社員に意識付けをさせます。オフィスセキュリティ強化のために、文書管理ソフトなども利用します。

情報管理の具体的な方法

推進委員が中心になり、ISO27001取得のための具体的な指針を決め、マニュアルを作成します。マニュアル作成の際には、社内における情報のどこまでを機密情報として取り扱うかなどについても決めることになります。

徹底的に経営陣がチェック

社内で作成したマニュアルに基づき、具体的な行動をします。サイバー攻撃や個人情報漏えい、機密情報の保護などについて、しっかりと守られているかについては、経営陣がチェック。不備などがある場合には、フィードバックするなどして徹底的に教育します。

ISO取得を目指す理由ランキング

no.1

社会的信用が大幅に強化されます

ISO27001を取得することで、社会的信用が大きく増すことになります。情報化社会が浸透する時代においては、オフィスセキュリティ対策は不可欠となっています。大切な顧客などの情報が漏えいすることになれば、信用を失います。

no.2

世界のマーケットが注目します

ISO27001を取得すれば、国際社会の一員として大きなアピールポイントになるといえるでしょう。もはや、日本国内のみで成功する企業の伸びしろは限られています。グローバル化の波が押し寄せる中、情報セキュリティ対策が求められます。

no.3

社内全体の引き締めに好影響

従業員の危機管理への意識が格段に向上することが期待できます。もはや、いずれの業界でも情報システムの充実が求められます。そんな中、ISO推進委員などが中心となり、社内のセキュリティ対策を構築することで、全体が引き締まります。

no.4

株式市場などでも良い結果に

ISO27001を取得することによって、企業価値が高まります。株式市場に上場している場合には、株価などにもプラスの効果がもたらされる要因にもなります。危機管理意識がしっかりとしていると評価されるのです。

no.5

取引先などの業績向上にも寄与

取引先や子会社、関連企業などにも恩恵がもたらされることもあります。取引などがある企業が、ISO27001を取得しているともなれば、オフィスセキュリティが構築されているというイメージにつながります。

[PR]

デバイス管理を進めよう
専用ツールの利用が最適☆

なぜ目指すのか

女の人

オフィスセキュリティを強化する前に

オフィスセキュリティを強化する前にやるべきことといえば、全従業員の意識を徹底させることといえるでしょう。ネット社会の台頭が叫ばれる中、個人情報や機密情報の取り扱いには十分に注意することが求められています。

文書管理ソフトで情報整理も大切

文書管理ソフトで社内の多くの情報を整理することも重要な取り組みです。それぞれの情報の特性や特徴をしっかりと見極め、情報に精通している管理者がきちんとマネジメントすることが求められます。また、情報の共有化も進めることが大事です。

広告募集中